布切れの大地

なんか適当に適当な情報を発信するだけ。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 迎春
DSC_0363.JPG
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:42 | category: - |
# 迎春
DSC_0363.JPG
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:42 | category: - |
# 冬の至福
こんにちは。お久しぶりです。
ついに冬が来ましたね。めっきりこっきり寒くなって暖かいものが恋しい季節になりました。
おでんにシチューに煮込みラーメン等々・・・おいしいですね。
ついでに甘いものが恋しい季節でもあります。
冬になるとチョコレートがいろいろ出てきます。こっちもおいしい。
先日、新たなチョコレートを発見してウキウキしている次第です。
それがこちら。

DOUTOR ROYCE’カフェ&ショコラ

チョコレートとコーヒーの組み合わせ、おいしいですよね。
飲んでみるとチョコレートの風味ががっつりと感じられるんですが、
味はちょっとコーヒーが優勢。苦みが強いビターチョコレートのような味です。
飲んだ直後よりは後味でチョコレートの甘みを感じられます。
眠気覚まし兼おやつの一杯に。
ビターチョコ大好き!という方は是非に。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:25 | category: ご紹介 |
# 独り言
今ここに残って自分にメリットはあるのか?
今の仕事にやりがいを感じているのか?
そのやりがいより大切なものはないのか?
今義務感でここに残っているのではないのか?
自分がいなくなったとて、この会社は困らない。

私はどうしたいのか。

今だって安定した収入とは、安定して一人で生きていける収入ではない
今より多少減るかもといっても、急に困るほど貯金がないわけではない。
なんだかんだとこの勤め、心が安定した時期もない。
そして暮らしていける家がある。

もう自分で自分の時を動かした。私は一つの賭けに勝ってしまった。あとはその後始末をするだけだ。
あと私に残された選択肢のどちらを選ぶかだ。
これまでと同じようにどちらもなんて言えない。
必ずどちらかを選ばなければならない時が来たのだ。
どちらを選んでも後悔するだろう。
けれども選ばなければならないのだ。
忠義と恩義を貫いて、心の平穏を得られぬながらここに残るか
離れて夢のために岩と茨の道を苦しみながら走るか。
苦しみながら走るために、また他の仕事をしなければならないだろう。
それでも、走るのか。走れるのか。
いつかまた今の時のように後悔してすべてを捨ててしまわないだろうか。
私にはわからない。けれども誰にも選択できない。
誰に何を言われても、私が選ばなければならない。
力など誰にも認められないかもしれない。
でも走りたい。
ずっと夢だったその栄光に、たどり着きたい。
私の愛を、愛をこの世にぶちまけてやりたい。
誰かの心に残りたい。
誰かに楽しいと言ってほしい。
誰かに何だこの糞はといってほしい。
私の愛が、私の言葉が、誰かに届いて、わずかでも影響を与えてほしい。
それがいかなる影響であろうとも。
まだだ、まだだとずるずると走るのを先延ばしにして、逃げていていいのか。
それとも走り出そうとするのが逃げなのか。
誰か背中を押してくれ。
どちらでもいいから、誰か。
いいや家族ではだめだ。いいや友人でも駄目だ。
今この場にいる人から、送り出してほしい。大丈夫だから行けと、きっと言ってくれるだろうけど。
それでも言ってほしい。
だめだ。お前はここにいなければならないと言ってほしい。嘘でもいい。
どちらかを言ってくれ。恨みはしないから。
心が決まらない。心が決まらない。
ふわふわと浮いてしまう。どうすればいいのか。どうすればいいのか。

今一つの大きな分かれ道の間に立っている。
生まれて初めて見る、分岐点だ。
バッドエンドもグッドエンドもない。そもそも間違いがある分岐点ではない。
けれども、その分岐点は最後に一つに戻る。
遅かれ早かれ、私は、走り出す。それは確実なことだ。
けれども、けれども、今、走り出すのと後で走り出すのと、何が変わるのか。
解らない。けれども、最後に道は一つに戻るのだから、私は結局ここから離れるのだろう。
もう答えは決まっているのに、罪悪感と後悔が邪魔をする。
願わくば、一番ひどい形でここを離れることがないように。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:39 | category: 日記 |
# 読書感想日記「きのうの世界」
こんにちは。

本日は読んだ本のお話を。
ご紹介するのはこちら。
恩田陸さんの「きのうの世界」

ざっとしたあらすじは、
「あなた」が物語の舞台である、田舎のとある町を訪れるところから始まります。
水路が張り巡らされ、そして訪れて最初に見える「塔」が特徴の町。
この町である日男が死んでいました。
その男はもともと東京に勤めて暮らしていましたが、ある日突然失踪。
そして何故か1年後にこの水路と「塔」の町で死体となって発見されます。
その事件を「あなた」は追うためにこの町を訪れました。
男は、失踪してから死体となるまでの1年間、住民たちと交流しながら、この町で穏やかに過ごしていたようでした。
そしてその交流の中で、この町の「秘密」について住民たちに謎かけじみた言葉を残していました。
男の死と町の秘密、水路と「塔」。
「あなた」と彼と交流した住民たちの目線から、その謎をたどっていくストーリー。

といった感じのミステリー。
ト書きや殺された男「市川吾郎」が生前に住民たちに残した言葉が伏線のようにちりばめられていて
一体どんな結末なのかというのが気になるストーリーでした。
「市川吾郎」が死んでいた場所もちょっと町の中では特殊な場所にあったので、それがより謎を深めています。
ぐんぐん読み進められます。
水路と「塔」にまつわる町の秘密と「市川吾郎」の死因がどう関連してくるのか?
「市川吾郎」は殺されたのか、不慮の事故なのか。
意図的に焦らし隠し小出しにしながらストーリーが進むので割とガンガン読めてしまいました。
この「市川吾郎」の人物描写もまた面白い。
顔立ちから性格まで平凡、けれども、それ故に人の懐に簡単に入り込む人物。
登場人物の目線によって、彼の人柄や印象が少々違ってくるのがまた良い。ある意味登場人物の鏡みたいな人物です。
しかし結末は割と賛否両論かも・・・?個人的には好きです。
水路の全体図とどのように動作しているのか、の描写が結構面白いです。
この舞台、実在したりモデルがあるなら行ってみたい・・・。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:16 | category: 読書感想 |
# マイブームお菓子
こんにちは。鳥羽です。

私、現在ダイエットをしております。
高校では運動部のような文化部演劇部だったためか、いい感じの体重をキープしていたのですが
卒業してから全く運動しなくなったため、驚異の激太り。
ある日思いました。これじゃいかん。
かといって一念発起ダイエットをするという根性もありませんでした。
だってご飯がおいしいから。
考えました。これ以上は太るのはさすがにまずい。でもご飯食べたい。
そして思い至りました。
太らない体を作ればいいと。
食わなきゃ痩せるがそんなダイエット、食ったら即太る。
というわけで痩せる痩せない云々は最終的に後からついてくると結論付けて、
食っても太らない体を作ることを目標にダイエットを始めました。

というわけで
ダイエット中でも甘いものは食べたいです。食べたいですよね。私は食べたいです。
ローカロリーで甘いものはなかなか少ないものですが
個人的に最近のお気に入りをご紹介。

無印良品の「ミルクケーキ」


ケーキの形はしていないです。
薄くて軽くて固くて甘いミルク味のバーですね。
一本30キロカロリーもないので、
この一袋を食べても200キロカロリーにも満たないナイスなお菓子です。
固いおかげで歯ごたえもあるので2本くらいで結構満足できます。
結構強いミルク味なので、そういう味が苦手な方は苦手かも。
ミルク味のお菓子が好きで、ザ・駄菓子みたいなチープな味が好きな方は多分好きです。
ダイエット中に甘いものが食べたくなった時にはぜひ。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:10 | category: ダイエット飯 |
# 久々にお芝居見てきましたー 「幕末Day Dreamers」

9月も初旬だというのに涼しい日が続きますね。
うれしいやら悲しいやら。
なるべく季節に合った日が続いてほしいものです。こんにちは。鳥羽です。

昨日はお芝居を久々に観てきましたー!
劇団サミングさんの 「幕末Day Dreamers」。

YouTubeのCMがあったのでご紹介を。




かなり壮大なストーリー。若干ファンタジーも入ってなかなか新しい幕末ストーリーでした。
見どころは殺陣!!!
かなり難しいと思うんです殺陣!!動くし下手するとかっこ悪くなっちゃうし!!
作中かなりたくさんの殺陣がありましたが、どれもとてもかっこよかった。
非常に楽しいお芝居でした。
今回が旗揚げ公演とのことなので、今後の情報にちょっと期待です。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:07 | category: ご紹介 |